債務整理

解決の一歩は相談から

誰にも会わずにお金が借りられる無人契約機があります。買い物をきっかけにクレジットカードを作ればキャッシングの枠が設定されています。うまく利用すれば便利なのかもしれませんが、その手軽さから生まれた計画性のない借金に苦しむ人が増えています。 星野事務所は主に個人を対象とした借金問題に取り組んでいます。相談に来られる方の借金の理由は、生活費・住宅ローンの穴埋め・子供の学費・医療費・浪費等さまざまであり、それぞれにいろんな悩みを抱えています。 当事務所では依頼者の立場を考えて、どうすれば一番良いのか、法律知識と経験をもとにアドバイスします。 先の見えない状況のなか一人で悩まずに、将来のために勇気をもって一歩を踏み出してください。まずは相談からしてみませんか。

解決方法

■あなたに最適な方法で解決を!
債務整理には裁判所の関与や返済の目途の有無により、いくつかの方法があります。あなたの生活状況を考慮して最適な方法で解決できるようにご提案させていただきます。

任意整理

裁判所を通さずに、司法書士が債権者と直接和解交渉をします。一般的には利息制限法に基づき計算し直した残元金を3年を目途に分割返済していきます。あなたと債権者の取引きが長期間だった場合、借金がゼロになる可能性や、場合によっては逆に取り戻せることもあります。また、残元金に対して司法書士が介入した後の利息が付加されない和解をするのが通例なので、弁済した分だけ確実に債務を減らしていくことができます。

自己破産

任意整理などによっても全く返済の見込みがなく、支払不能が明らかな場合、裁判所に申し立てて債務の支払い義務を免除する手続きです。財産がある場合、それを全債権者に公平に配当することになります。配当後も債務が残ってしまう場合や財産がない場合は、免責の手続きをとり債務の支払い義務はなくなります。

民事再生

裁判所を通して「住宅ローンを除く債務総額が5,000万円以下」、かつ将来的にも安定した収入の見込める方が行える手続きです。住宅をお持ちの方でも「住宅ローン特則」の適用により家を失うこともなく無理のない返済案を立てることもできます。

特定調停

特定調停とは、簡易裁判所の下、調停委員が各債権者と債務者の仲介に入り、余裕のある分割返済を目的とする協議和解による債務整理です。利息制限法に基づき再計算し直した残元金を、3年(最長5年)を目途に無利息にて支払計画を立て返済していきます。

司法書士費用(分割支払いにも応じますのでご相談ください)

債務整理関係は、最初に着手金10,000円 (消費税込)
任意整理
基本報酬 債権者1社につき30,000円(+消費税)
成功報酬 過払金返還額の20%(+消費税)
訴訟となった場合には別途30,000円〜
実費 郵便代等通信費のみ
訴訟となった場合には、印紙代・郵券代
自己破産(同時廃止)
報酬 債権者5社まで 200,000円(+消費税)
加算 債権者6社以上 1社につき5,000円(+消費税)
実費 約20,000円(印紙代・予納金・郵券代)
個人再生
報酬 債権者5社まで 250,000円(+消費税)
加算 債権者6社以上 1社につき5,000円(+消費税)
実費 約30,000円(印紙代・予納金・郵券代)
このページのTOPへ